臨床工学センター

2020年4月より《未来の医療を担う人材の育成》を目標に掲げ,院内・外の臨床工学技士の教育,臨床工学技士養成機関の学生等の実習を積極的に受け入れていきます。

臨床工学センターとは

活動内容・特色について

医療の進歩とともに、高度かつ複雑になっている医療機器の適性管理と診療の技術支援、教育を行っています。医療技術部臨床工学部門に所属する臨床工学技士が業務を担当しています。医療機器の中央管理を行い、効率的な運用と保守点検の実施、医療機器の操作方法等の教育、診療の技術支援を通して、高度な医療活動を行っています。そして、医療の安全性を向上させ、患者さんが安心・安全な治療が受けられるように努めています。

主な業務内容

  • 機器管理業務:医療機器の効率的な運用と適正な配置を行っています。
  • 保守点検業務:使用前・使用後点検、定期点検を行い、医療機器の安全性と清潔の保持に努めています。
  • 診療支援業務:集中治療室、手術室、IVRセンター、血液浄化療法部、輸血部、病棟、外来等でさまざまな診療を支援しています。
  • 教育活動:臨床工学技士の人材育成を踏まえた教育カリキュラムの構築をすすめています。また、他職種向けに医療機器の取り扱いに関する勉強会を定期開催しています。
  • リスクマネージメント業務:医療機器に関わるインシデント事例や不具合事例の内容を調査して、再発防止とともに改善に努めています。
  • 研究・開発:メーカーとの連携による医療機器開発、ニーズの提案を支援しています。

5つの柱

教育・研修
岡山大学病院で
学びたい
グローバル
人材育成
国際的な視野をもつ
人材育成
外部活動
情報の収集と共有、
啓蒙活動
研究
知識と技術の発信
医療機器開発
医療の質と安全性の
向上

最近のトピックス

2020年12月8日 臨床工学センター2020年度特別講演会

川崎医療福祉大学医療技術部臨床工学科准教授小野淳一先生を講師にお迎えし、「臨床研究への取り組み方」と題し約1時間にわたる講演をしていただきました。
聴講者は、臨床工学センタースタッフのみならず、当大学の研究推進機構産学官連携コーディネーターの方々が参加しました。

PAGE TOP