カテゴリ名

臨床工学部門について

医療機器の中央保守管理と医療材料、衛生材料の管理(洗浄、消毒、滅菌)を行い、各診療部署へ円滑に供給します。また、透析室、集中治療室、手術室、IVRセンターなどで診療の技術支援を行います。医療機器を扱うスタッフに対しては、安全使用を目的とした教育を行います。私たちは、患者様に安心と安全な医療を提供できるように努めています。

特徴

医療機器の安全管理では、医療機器メーカーが行う技術講習を受講し、医療機器の適正な管理を行っています。中央管理する医療機器の殆どは、院内で迅速に修理対応できる体制を整えています。
診療総合支援では、各診療部署からの多岐にわたる要望に対し、24時間365日迅速に対応できる体制を整えています。幅広い知識と技術が求められます。
診療特化支援では、各診療部署における高度先進医療を支えています。特殊性の高い知識と技術が求められます。
学位や認定資格の取得、学会発表などの自己研鑽に取り組める環境を整備していますが、それを支えるスタッフを評価することにも取り組んでいます。

体制

技士長、副技士長、主任を中心として、臨床工学技士と医療技術助手1名で部門を運営しています。臨床工学技士は、医療機器安全管理業務、診療総合支援業務、診療特化支援業務に従事し、医療技術助手は、医療材料、衛生材料の管理業務に従事します。

臨床工学技士 医療機器安全管理…臨床工学部(旧ME機器センター)、医療機器安全管理室
診療総合支援…手術室、集中治療室、血液浄化療法部、IVRセンター、輸血部、病棟/外来
診療特化支援…血液浄化療法部、IVRセンター(循環器内科)、手術室(心臓血管外科)
医療技術助手 物流センター滅菌材料部門

沿革

2004年 医療技術部の設立に伴い、各診療部署配属の臨床工学技士は、医療技術部物流・ME部門所属となる
2013年 医療技術部物流・ME部門は、組織改変により臨床工学部門に改名
部門内をME、CEに別け人材育成の役割を分担
2014年 臨床工学技士の宿日直を開始
2016年 365日勤務を開始
PAGE TOP